一般社団法人砂川青年会議所 砂川JCの活動報告 理事長挨拶、組織図、委員会事業紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2015年度 理事長所信

2015年度 理事長
第55代 理事長 増井 悟 


【はじめに】
現在日本は、急激な高齢化、人口減少による地域力の弱体化、温暖化の影響とみられる自然災害、集団的自衛権やTPPをはじめとする国際的に追随しなければならない社会問題など、多種多様な社会変化が著しい時代背景となっています。
(一社)砂川青年会議所は、40歳までという限られた年齢制限の中で、揺るぎなき目的である「明るい豊かな社会の実現」に向け、仲間とともに日々運動を展開しています。
近年、ITインフラの普及や通信機器の発達により情報収集や情報交換が容易になった一方で、様々な社会情勢の変化により、絶えず情報が混沌とした現代社会の中において「何が正しいのか」を見極める能力が必要になっています。さらに少子高齢化による人口減少が進む中で、このまちをもっと明るい豊かな社会にするために我々はいったい何をすべきなのか。
その解決方法をメンバー一人ひとりが10年、20年先を見据え模索し、ともに力を合わせ、希望のもてるまちづくり、ひとづくりをしていかなければなりません。
そのためにはまず互いにしっかりとしたつながりを育てる必要があります。メンバーそれぞれの考え方を尊重しつつも、上辺だけの仲間ではなく本音でぶつかり合い、「砂川のために!!」という熱い情熱を持ってJC運動を展開したい。


【コミュニケーション能力の低下】
 昨今、同世代やさらに若い世代のコミュニケーション不足により、その能力の低下が危惧されています。これまでの手法として、会話以外と言えば、手紙という手段がありました。普通手紙を書く場合は、何度も読み返しながら相手の気持ちを推し量り、自分の気持ちを上手く伝えようとします。しかし今や便利な時代、主流としてインターネットでつながっている者同士、キーボードに入力した言葉(文字)を使いパソコンの画面上でリアルタイムに会話することや、複数の人が同時に会話をすることもできてしまいます。ただ、返信が遅れる事や文章の書き方ひとつでトラブルの原因になることもあります。なんとか絵文字を駆使し上手に自分の感情を伝えようとする人もいますが、表現方法の苦手な人にとっては、読み手を意識して丁寧な文章を打つことはとても難しいことです。
チャットなどでは話していて、気に入らなければ相手がどう思おうと切ってしまう、気を悪くしたら言葉で相手を傷つけようとするなど、 相手を怒らせたり侮辱したりすることを目的に送信する電子メールのメッセージ、投稿記事、掲示板の書き込みなど、本来現実の世界では考えられないコミュニケーションが存在します。自分本位のコミュニケーションをしていると、普通のコミュニケーションではトラブルになることもあり、気を使う現実の人間との接し方が面倒になり、ますますコミュニケーション不足となって、さらには現実社会での人間関係が上手に築けなくなります。
メールやチャットでは返信や会話のスピードの早さが迫られます。 そんな状態で「相手の気持ちを考えて文字を打つ」 「自分の気持ちを正確に伝える」ことはとても難しいことです。たとえば、面と向って友達に「あいつのこと好きなくせに」と、からかわれたとします。その場では「やめろよ」と、笑いながら言い返す。言葉で言うと問題はないです。ところが同じようなやりとりをメールでの文章だけの場合だと、同じ言葉でも「やめろよ」の返事が、相手が怒っているように感じてしまうこともありえるのです。
 上記の例のように顔文字や略語でコミュニケーションをとることが増えてくると文章表現も下手になり、言葉の抑揚や表情、文章力で相手に思いを伝えることも難しくなります。今後ますますコミュニケーション不足により、人々の距離が離れてゆくことが想定されるこの課題に対し、もっと我々はひざを突き合わせ、相手の表情やその場の空気を感じながらお互いにコミュニケーション能力を高め、その必要性を訴えていかなければなりません。


【想いをより力に】
一昨年我々は時代の変化に伴い一般社団法人へと変更しました。同時に必要な定款・会計処理、そして公益支出目的計画を策定し、新たな歩みを始めました。しかし一方でこれまでにみえてきた課題もあります。それは定款や諸規定内容の熟知。そして経理状況の情報公開と周知徹底です。
 今、我々(一社)砂川青年会議所の多くは入会3年未満のメンバーで構成されています。そのため、定款や諸規定を深く理解できていない現状があり個人差があります。それぞれ個性がありますが、青年会議所としての必要なルール、それに基づく協調性が無ければ青年会議所として力を存分に発揮することができません。
 そこで、総務委員会を中心にLOMの最高決定機関である総会の重要性を説き、定款や諸規定を丁寧に説明し、予算や出納状況をわかりやすく情報公開していきます。
 より強靭な推進力を発揮するため、個性溢れる素晴らしいメンバーとその地域に対する熱い想いを集結し、いま一度自分たちの足元を見つめ、55年間の歴史と伝統、その中で必要な時代との調和を図りながら力強く歩みます。


【時代を使い分ける】
 便利な時代になったことによって失うものがあります。しかしながら、その使い方を間違えなければ、有益に活用することができます。
我々青年世代はITの進化によりコミュニケーション能力の低下を招いた一方で、効率的な情報の共有化、そしてスピーディーな発信能力を手に入れました。
広報・会員拡大委員会では情報発信ツールとしてこれまでの手法をさらに充実させるとともに、積極的にSNSやHPを活用し対内外に向け発信します。
活動や想いを互いに共感し、さらには新たな仲間が生まれる様取り組みます。
 

【笑顔の礎】
 地域から若者が流出しています。当然子供の数も減少しています。地域から多くの笑顔が流出し、また減少してしまいました。まちの活気とは笑顔の数です。これ以上この地域から笑顔を減らしてはならない。
この地域にはまだまだ若者が多く就労している環境があります。その若者の中にはこの地域に根付きこのまま笑顔で住み暮らしたいと願う一方で、良きパートナーに巡り逢う機会が少ないという現状があります。
 我々はこの課題に正面から向き合い青年会議所らしく、地域社会構造と出会いを有効に結び付け、まちの将来を見据えた新たな出会いを創出します。
 この地域に新たな家が建ち、家族が生まれ、沢山の笑顔の礎が生まれるよう邁進します。


【許し合い 惹かれ合う】
 人は一人では生きられません。地域は一人では変えられません。家族をはじめ恋人、友人、そして志を同じくする仲間が必要です。
その様々な関係の中で、人は喜び、互いに成長し、幸福を感じます。時には、憤りを感じ、不快になることもあります。そこで相手に対して不満を抱くか、自分に対して不満を抱くかによってその後の結果には大きな差が生まれてしまいます。
 今やコミュニケーションの手段は多岐にわたります。それらを有効に活用するために必要なのは人間力です。
 我々は自己を客観的に戒め、相手を尊重し、互いに許し合える品格を身に付け、自信と誇りを持って明るい豊かな社会の実現に向け運動していきます。


【感謝で始まる55周年事業】
本年度、(一社)砂川青年会議所は55周年を迎えますが、周年事業の手法をメンバーが議論しあい一致団結し、55周年事業・式典を作り上げて行きます。半世紀以上に渡り長き歴史の礎を築いて頂いた先輩諸兄の皆様に厚く感謝の意を表すると共に、先輩諸兄が絶やさず継承してきた情熱を胸に刻み、その想いを式典に反映させてまいります。


【結びに】

 『何をなすべきかの目標を持ち、使命感を持って、みんなが一致団結するところに成果がある。』
    松下幸之助

松下幸之助の名言であるこの言葉は、戦後においてまだまだ家電は裕福な人にしか手が届かない時代、水道哲学に基づき、家電をもっともっと大量に生産し、貧富の差に関係なく販売したくさんの人々を豊かにしなければならないという目標を掲げた時に発した言葉です。
時は経ち、ものに溢れ豊かな時代になり、今もなおこの言葉と意味するところは、みんなが一致団結して創る「笑顔」ではないだろうか。
砂川青年会議所のメンバーが、たくさんの市民が笑顔で過ごせる豊かなまちづくりを目標に、自分たちがやらなければという使命感を持って、一致団結のもと活動していきます。
(一社)砂川青年会議所第55代理事長として、創立当初から先輩諸兄が脈々と受け継いでこられた情熱をしっかりと握り締め、全力で駆け抜けることをお約束します。
2015-01-25 : 理事長所信 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

JCI

sunagawajc

Author:sunagawajc
2015 一般社団法人 砂川青年会議所 砂川JC ホームページ

前回記事


複眼RSS

訪問者数

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。